愛媛マラソン1 選手編



愛媛マラソン1 選手編

   
人生初のフルマラソン。
まさか自分がこの距離に挑戦することになるとは考えたこともありませんでした。
走るきっかけになったのが、トレイルランニングを始めたことです。もともと走ることは好きではないのですが、トレイルランニングでは自然の中を走り景色を見ながら走るのが楽しくなりました。それを繰り返していくことで少しでも今より強く速く走りたいと思うようになり、また健康のためにも走ることが日課になっていったような気がします。
 トレイルランニングで最長距離が20km程度でしたが一緒に走っている仲間のすすめもあり、フルマラソンである愛媛マラソンに出ることを決意しました。
 練習も今までは走ったことのない距離(30km、35km)を走ることで自信をつけることができました。
 本番当日は心配していた天気も味方してくれて晴天でした。スタート前は何を求められているわけではないのですが緊張と不安でいっぱいでした。
 10時にスタート。平和通りに出るまでは大勢の人で自身のペースでは走れませんでした。その後は人がばらけていき走りやすくなりました。平田の坂では職場の方の応援のおかげで気持ちが高まり足が前に進み20km手前までは特に問題なく走れました。
 20kmを過ぎてから足の痛みと疲れが少しずつでて、25kmあたりからは走ることが難しくなりました。30kmすぎまでは一番苦しかったのですが、その後も沿道の応援のおかげで楽になり、また苦しくなりの繰り返しでなんとかゴールしました。
 もう一度走るかと言われれば、たぶんもう嫌です。ですが、走り切った達成感はここちよかったです。また、それまで努力を重ねた時間は努力することの素晴らしさを感じることのできる貴重な経験だったと思います。たくさんの方々の応援でゴールでき本当に感謝しています。

通所リハビリテーション 山内雄三

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。

コメントを投稿する



この記事のコメントだけのRSSフィードを取得

*


»
«